MENU

借金返済に困ったら考えたいのが債務整理(さいむせいり)

saimuseiri

 

借金返済に困ったら考えたいのが、債務整理(さいむせいり)です。

 

債務整理には、大きく分けて、任意整理(にんいせいり)、特定調停(とくていちょうてい)、(個人)民事再生((こじん)みんじさいせい)、自己破産(じこはさん)と、過払金返還請求(かばらいきんへんかんせいきゅう)があります。

 

このうち、過払金返還請求は、任意整理のうちの一つなので、
任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の違いを簡単な図にすると、以下のようになります。

 

 

  任意整理 特定調停 個人民事再生 自己破産
どんな方法?

貸金業者と個別に交渉する。

 

減額された借金を基本3年、特別な場合は5年で支払う。

通常、簡易裁判所に申し立てて、調停してもらう。

地方裁判所に申し立てて、借金を減額してもらう。

 

地方裁判所に申し立てて、
返済を免除してもらう。

メリット

誰にもバレずに借金の整理ができる可能性が高い。

 

 

自分でやるので費用が安く済む。

 

借金は5分の1程度に減額され、原則3年で返済する。 借金がなくなる。
デメリット 取引内容によっては、借金があまり減らない可能性も。

 

相手の合意が必要。

 

過払金回収はできない。

 

提出書類が多い。

 

一定額以上の財産は処分される。

誰に頼む? 司法書士OK※ 司法書士OK※ 弁護士

 

弁護士

 

※1社につき140万円を超えない場合です。

※過払金返還請求以外のどの処理をとっても、事故情報として数年間登録されます。
※住宅ローンがあって、住宅を手放したくない場合は、個人民事再生になります。

saimuseiri

さて。自分はどの方法が取れるのかな?というのが気になるところだと思います。
取れる手段は、1)借金総額、2)住宅ローンの有無、3)現在の収入と将来の見込み、4)協力者・・・など、それぞれの状況によって違ってきます。専門家に頼む場合も、ご自身もできるだけ知識をつけられるようにすると、債務整理がスムーズに進みますよ。

 

さらに詳しくはこちら⇒4つの債務整理とは?

債務整理って何?|債務整理の基礎知識記事一覧

それでは、債務整理について、詳しく見ていくことにしましょう。一言で「債務整理(さいむせいり)」と言っても、実は4つ(過払い金請求を入れると5つ)あります。債務整理というのは、総称のことなのです。よく、「自己破産と債務整理はどう違うのですか?」という質問がありますが、同じです。自己破産は、債務整理の一つ、ということですね(^_-)-☆では、債務整理にはどんなのがあるのでしょうか?債務整理の5つの方法...